tom

こんにちは、tomです。

最近ニュースでも目にしますが、ソフトバンク、KDDI(au)、NTTドコモの
大手キャリアから2018/5/9から新たなSMSサービスとして「+メッセージ」を発表
しました。

相手の携帯電話番号でメッセージを送受信することのできるショートメッセージ(SMS)を
使ったことのある方も多いとは思いますが、イメージとしてはそれの拡張版のようです。

■何が出来るの?
  ①文字数制限が大幅UP(全角2,730文字)
  ②写真・動画の送受信
  ③スタンプの送受信
  ④グループでの利用
  ⑤音声メッセージ
  ⑥地図情報の送受信
(参考:iPhone Mania – 大手3キャリア、”打倒LINE”の新サービス「+メッセージ」発表

何が出来るかはこのような感じ。

 ⇒まさにLINEの機能を全て網羅しています!のような。

■LINEと何が違うの?意味あるの?
  ①SMS同様、メッセージのやりとりにお金が掛かる
  ②SMS同様、アカウント登録不要で携帯電話番号のみで利用可能

格安スマホやLINEが流行っているように、なるべく低コストで済ませたい
人は多いと思います。

個人的にはLINEにとってかわる!といったことはないと思いますが、
大手キャリアといった点で安心感がありますので、今までLINEを使っていなかった層や、
ビジネスでの利用といった点で拡大してくるのではないかな、と思います。

今後どうなるか、気になるところですね。
サービス開始したら使ってみたいと思います。

tom

こんにちは、tomです。

季節の変わり目ですが、皆様元気にお過ごしでしょうか。

さて、今回ご紹介するのは、無料でルーブリックを作る、評価することの
できるサービス「RubricFolio(ルーブリックフォリオ)」です。
ルーブリックを作るのはなかなか大変なことで、その難点をフォローすることのできる
WEBサービスです。

■ルーブリックとは?

学修到達度を示す評価基準の一種で、縦軸に観点、横軸に尺度を用いて、
マトリクス形式で表す表のことです。(下にある表みたいな)

rubricfolio_blog0

教育において、文科省でもルーブリックを使用することを推奨しており、
教育業界にいる方では、ルーブリックという単語を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

■ルーブリックを使うことのメリット

・教育者にとって、教えるべきポイントが明確になる
・学生にとって、学ぶべきポイントが分かり易い
  →主体的な学修を促す
・評価の見える化、公平化
・被評価者の何が強く、何が弱みか分かり易い

メリットとしては、上記のような項目が挙げられ、学生に主体的な学修
促すためには、評価軸を公開し、共有していくことも効果的です。

■ルーブリックのデメリット

・作り方がわからない
・そもそも作るのに時間が掛かる

デメリットとしては、上記のように最初の一歩でつまづく人が多いことです。
そのためか、日本においてルーブリック評価はまだまだ浸透しているとは言えません。

■RubricFolioの良いところ

・ルーブリックを簡単に作れる
・他人のルーブリックを参考にできる
・公開して、自分のルーブリックを広めることができる
・無料で評価までつけることができる

ルーブリックフォリオでは、どうやって作ったらいいか分からない、作るのが手間などの
デメリットを解消することができます。

例えば・・

既存のルーブリックをコピーして、自分用にアレンジすることができます。
rubricfolio_blog1

また、あらかじめ枠がつくられているため、簡単な操作でルーブリックを
作っていくことができます。
rubricfolio_blog2

その他にも、印刷して使用したり
rubricfolio_blog3

評価対象者を追加し、評価をつけることもできます。
rubricfolio_blog4

ルーブリックに興味がある、作ってみたい、そんな方は
簡単にルーブリックを作ることのできるツールの一つとして
RubricFolio(ルーブリックフォリオ)を使ってみてはいかがでしょうか。

【カテゴリ】Webサイトシステム系
【タグ】

花粉症対策

豆大福

花粉がつらい豆大福です。
目、鼻、口の粘膜を洗いたいです。

花粉を防ぐにはマスクが一番なのですが、
マスクをすると肌荒れが起きるので、あまりしたくないんですよね・・。
ニキビが出やすくなったり、摩擦で痛くなったり・・。

そんな時、イハダの花粉ブロックスプレーを使って何とか凌いでいます。
個体差はありますが、自分は結構効いたのでおススメです。
顔もサッパリしますし。特に目がスッキリします。

鼻に関しては、耳鼻科へ行って洗浄してもらい、
自分にあった薬を出してもらうのが一番ですね・・。

減感作療法も試してみるのもアリかもしれません。

 

【カテゴリ】雑談

平昌から東京へ

めろん

こんにちは。めろんです。

平昌オリンピックが終わりましたね。最多のメダル数ということで、本当に喜ばしいです。

そして昨日、東京オリンピックのマスコットが決まりました。

公式サイトでは、決定したばかりのマスコットがなかなかのインパクトでお出迎えしてくれています(3/1現在)。

調べてみると東京でのオリンピック開催が決まったのが2013年。そのときはまだ先の話だと思っていましたが、気がつけばもう2018年です。

東京オリンピックまであと2年、もうすぐ…という気持ちになりますね。

平昌オリンピックも盛り上がりを見せていましたし、日本での開催となる東京オリンピックは更に熱が増しそうです。

少し気が早い気もしますが、選手の皆さんの活躍が今から待ち遠しいですね。

 

【カテゴリ】スポーツ

バッテリー交換

豆大福

ブランドチョコを買う心理がよくわからない・・と思っていましたが、
ブランドチョコって美味いな!と初めて感動した豆大福です。

 

最近、iPhone7のバッテリーを交換してもらいました。

iOSの更新により、バッテリーに負担がかかりやすくなり、
不具合が発生するようになったという記事を見て、
7はそんな問題ないだろと高を括っていました。

そんな記事を見た3日後あたりに、充電が29%ぐらいで突然のブラックアウト。
最初は電源が切れてしまっただけかな?と思っていましたが、
何度起動しても、1分もたずにブラックアウト・・。

まさか自分のスマホがなると思っていなかったので、
アップルストアに行って、3200円で交換してもらいました。
2018年内であれば、対象機種なら3200円になります。

バッテリーを交換してもらった事により、
最高102%まで充電できるようになりました。
2~3年は余裕で持ちそうです。

Nintendo Labo「ピアノ」

kinoko

Nitendoがまた面白そうな製品を発表しました。

 

段ボールで段ボールを鳴らすNintendo Labo「ピアノ」のすごさ

 

シンセサイザーのような遊び方が出来そうで、また遊びの幅が広がりそうですね。

 

【カテゴリ】PC・ネットゲームの話
【タグ】
ヤマ

こんにちは、

 

あっという間に、2月も半ばですね。

 

1月は、お参りとイチゴ狩りに行きましたが、

2月は、予定すら立てていません、忙しいので。

3月は、さらに忙しくなりそうですが、1週間の休みを取る予定です。

 

もう半年前に航空券取ってたので、仕方ありません。

( ゚Д゚)y─┛~~ プハァ~

 

ヤマです。

 

 

訂正記事です。

 

 

前回、

ELB配下のEC2内の各アプリログを収集する

 

という記事を書きました。

 

私の想定した動作としては、

ELB配下にある、複数のEC2インスタンスから、

CloudWatch Logsの同一ストリームへ、ログを転送するというものでした。

 

で、それがうまくいった、、

 

かと思っていましたが、どうやら実現できていなかったようです。

 

 

そもそもの話、複数EC2インスタンスから、

CloudWatch Logs の同一ストリームへ書き込みが出来ないようです。

(出来るけど、動作は保証されないようです。)

 

 

各インスタンスのawslogs-stateを共有したり、

試行錯誤しましたが、うまくいきませんでした。

(ちなみに、awslogs-stateの中身はSQLiteでした)

 

 

AWSの「Amazon Elasticsearch Service」を利用すれば、

出来そうな気もしますが、

正直、そこまでお金を掛けたくないです。

AWSのサービスに頼りっきりというのも怖いですし。

 

 

最適な解決案は何か、もう少し模索してみたいと思います。

 

【カテゴリ】Webサイト

人工知能とバレンタイン

めろん

こんばんは。めろんです。

私は割と出不精なのですが、この時期は決まって一度は人ごみにもまれに行きます。毎年名古屋タカシマヤで行われるチョコの祭典のために…。

ということで、明日はバレンタインですね。ネットではこんな記事が話題のようです。

人工知能でバレンタインチョコが本命か義理かを判別する

なんと、AIを使ってチョコレートの写真からそれが本命チョコなのか義理チョコなのかを判断させよう、という取り組み。

人工知能であれば、人が判断するのと違って期待などの主観が入りませんからね…。

結果としては、カラフルだったりハート型だったり、装飾が凝っているものが本命と判断される傾向にあるようです。

逆に義理チョコは、見た目がシンプルなもの。ブラックサンダーもしっかり義理チョコ判定されたようで、なかなかの精度かもしれませんね。

あげる側の皆さんももらう側の皆さんも、明日に迫ったバレンタインの何かの参考になれば…。

【カテゴリ】IT関連日常の出来事

あなたの街の桜の開花日は?

生ハム

こんにちは、生ハムです。

少しずつ暖かくなっていく今日この頃、

春が待ち遠しい方がたくさんいるのではないでしょうか。

 

そんな中、2月7日に日本気象協会が

第1回日本全国51地点の桜の開花予想を発表しました!

 tomomi_20180207sakura01

tomomi_20180207sakura02

九州が平年並みかやや早いくらいで、全国的に平年並みとのことです。

開花が最も早いのが宮崎・熊本・高知で3月21日、愛知の名古屋では3月26日の予定となっています。

 

とっても待ち遠しいですね!

今年も夜桜をみながらビールが飲みたい!!

(寒いから熱燗とかも飲みたい・・・)

第2回発表は2月21日の予定になっております

一緒に続報を待ちましょう!

【カテゴリ】Webサイト
ヤマ

こんにちは、

 

先日、リビングに敷くためのラグを

パルコの雑貨屋さんで購入しました。

 

インドでの手作りラグは、機械で作るのとは違い

見た目も決して綺麗に整っているわけではないですが、

シンプルで手作り感もあり、気に入っています。

 

で、リビングに置いたわけですよ。

 

ルンバさんの居る、リビングにね。

 

 

対する、ラグは、

http://honda-kagu.net/shop/item/honda/picture/goods/10222_1_expand.jpg

 

こんなイメージのもので、

四隅に、ヒラヒラがついているわけですよ。。。。

 

 

完全に、忘れてましたね。

ルンバさんのことを。

 

で、戦いの結果は、

 

ルンバ:(#`皿´)

ラグ:(_TдT)

 

こんな感じでした、、、ヤマです。

 

 

 

本題

 

 

ELB(AWSサービスの一つ、バランサ)

を一つ構えて、配下にEC2インスタンスを2台設置しました。

 

設置当初は、何も考えて無かったのですが、

ログの扱いをすっかり忘れていたことに、気づきました。

 

ログと言っても、WEBサーバのアクセスログではなく、

アプリから吐き出すログです。

 

セッションはDBに持っており、

どちらのサーバに振られてもいい様になっています。

 

この状況で、以下の解決方法を試してみました。

 

1)ログ出力先をS3にする

 サーバ1もサーバ2も、ログの出力先を同じS3バケットにすることで解決しようとしました。

 施策としては非常に簡単です。

 EC2からS3の特定バケットをマウントするだけ。

 

 結果

  S3へのアクセスが遅すぎて使えない

  実用に耐えられないほどの遅さでしたので、断念。。。

 

 

2)Cloudwatch Logsを利用する

 CloudWatch LogsのAgentをインストールして、定期的にログをCloudWatch Logsへ上げる。

 最初から素直に、この方法にしておけばよかったです。

 

 一つ懸念としては、複数EC2インスタンスから、同じロググループ、ログストリームに

 アップした事がなかったので、実現できるか心配だったこと。

 

 結果

  ほぼリアルタイムで閲覧でき、大満足

 

  各種ログをほぼリアルタイムで同期でき、サーバへアクセスすることなく、

  CloudWatch Logsコンソール上でログを閲覧できるので、かなり役立っています。

 

 

手順を簡単に書いておきます。

前回書いた記事も参考に。「CloudWatch Logs

 

 

1)IAM Roleを設定

 

CloudWatch Logsへのアクセス権限を持つIAM Policyを作り、

それを特定のIAM Roleに割り当てます。

で、そのIAM RoleをEC2インスタンスに割り当てます。

 

2)スクリプト入手&実行

https://s3.amazonaws.com/aws-cloudwatch/downloads/latest/awslogs-agent-setup.py

 

実行権限を与えて、pythonで実行してください。

python ./awslogs-agent-setup.py –region ap-northeast-1

 

 

3)設定ファイル編集

/var/awslogs/etc/awslogs.conf

を良い感じに編集してください。

 

 

この設定を、2つのサーバ(EC2インスタンス上)で設定して、

それぞれのサーバのログを、CloudWatch Logsで収集するようにしました。

 

 

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示