「パケ死」の意味

こんばんは。

uzuraです。

 

携帯電話にインターネット関連の機能が搭載された頃から使われだした「パケ死」という言葉ですが、最近ではその意味が微妙に変わってきているそうです。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/23/news086.html

 

この「パケ死」という言葉が出だした頃は、「パケットの使い過ぎで高額の請求が来てしまった」「パケット代が高くなりすぎて払えない」等の意味で使われていました。

ですが、最近のスマートフォンの料金プランでは所謂パケット定額制への加入が必須となっており、以前のように「高額請求」が来ることはありません。

その為、最近ではこの「パケ死」とは、「パケットの使い過ぎで帯域制限されてしまった」という意味で使われるようになっているそうです。

 

言葉は時代によって意味が変わっていくとはよく言われますが、ここ10年程で生まれた言葉の意味がもう変わっているというのは中々面白い事ですね。

【カテゴリ】Webサイト

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示