速読ならぬ早読のススメ

こんにちは、kinokoです。

 

皆さんは、「速読」ってご存知ですか?

たま~にTVなどで単行本などをバーッと流し読み(?)している映像を見ますが、あれは相当な訓練を積まないと難しいのではないかと個人的には思います。

 

あれは本当の意味での速読ですが、そこまでではないにしろ私は、一般的な小説の単行本版でしたら、3時間もあれば、ハウツー本的なものでしたら、30分程度で粗方の内容を理解することが出来ます。

 

そのコツをご紹介。

ただし、私自身、いつの間にか身についていた能力ですので、あくまで参考程度に小耳に挟んでおく程度でお願いします(笑)

 

1.音読しない

これは、速読についての本にも書かれているそうですが、

人間は無意識のうちに目で見た言葉を音読する癖があるそうです。

音読すると、少なからず感情が入ってきてしまうので脳で余計な変換がかかってしまいます。

これは速読的にはヨクナイです。

私は、基本的に本を斜め読みするので音読も何も無いのですが、

言うなれば文字を文字のまま読むことが大切です。

 

 

2.(1度目は)理解しない。考えない。

本を読んでると、

「これってどういう意味だろう?」とか

「この言葉の背景には何があるんだろう」とか

「これは伏線なんだろうなぁ」

といった思いが出てくるかと思いますが、

それは一回目は無視して一回目はただただ概略をつかむことだけに専念しましょう。

気になったところは、二回目以降にそこに注意して読めばいいのです。

注意して読むことで新しい発見があるかも知れませんしね。

 

一回目に隅から隅まで読んでしまうと、それきりになってしまいます。それはせっかく買った本に申し訳ないですし、新しい気づきは二度と得ることができなくなってしまいますよ。

 

話は変わりますが、私には甥・姪がおり、たまに絵本を一緒に読んだりします。

まだ幼稚園生なので絵本を読んでも理解するのには時間がかかるため、何度も何度も読むことで理解を深めます。何度も読まされる私的には、なかなか辛いものがあるのですが、一緒に何度も読む(読まされる(笑))ことで、一度目では気付かなかったことにも気づくことが出来るのです。

 

それを

「大人になったから」

「時間がないから」

といってやめてしまっては勿体無いと思いませんか?

 

 

3.まとめて読む努力をする。

私は、小説の場合、3行くらいをまとめて読みます。

ハウツー本でしたら殆どの場合、大見出しがあるのでそこだけ読んで(見て)終わりということもあります。

かなり文字数の少ないページでしたら、ページ単位で読みます。

 

理解しようとしてない(笑)ので、それくらいの範囲をまとめて読むことが可能です。

先程も言いましたが、理解は2回目以降でします。1回目は概略をつかむだけです。

でも、最低でも概略をつかまなければ意味が無いので、それが出来るギリギリの範囲を一度で読む努力をしてみてください。

きっと読むスピードは上がるはずです。

 

最後に。

小説を読むと眠くなるって人は、最初はマンガでもいいので出来る限り早く読む努力をすることをおすすめします。

だんだん早く読めるようになって来る頃には、きっと、本を読むことが楽しくなってくることと思います。

そうなりだしたら、占めたもの。さぁ、小説の世界へ飛び込んでみましょう。

 

【カテゴリ】本の話

20代でやっておきたいこと①

先日、 20代でやっておきたいこと という本を購入しました。

いわゆる、自己啓発本ですね。

 

朝の通勤時間で読んでいますので、まだ4分の1も読んでませんがその中で、気になった言葉をひとつ。

 

 

 

二十代は、まずやってみることが大事。

 

まだまだ入社して1ヶ月もたっていない新入社員に任せられる仕事など、たかが知れていますが、それらを通してその全てを吸収し、これからの人生に生かしていく準備段階なのだと本はいいます。

 

 

 

この言葉を聞き、あまり乗り気ではない業務であっても、これからきっと役に立つことであると信じて日々の仕事に取り組んでいこうと思いました。

 

 

 

つづく

【カテゴリ】本の話

勇気を振り絞って・・・

雨です。

 

くまぜみです。

 

うちの会社、昨日まで冷房だったとに、今日暖房になってます。

冷房 → ”やすんで” → 暖房 でしょう。

 

(今日の気になるニュース)

 経営学者ピーター・ドラッカーと高校野球というユニークな組み合わせの内容でベストセラーとなった、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(もしドラ)。テレビアニメ化も決まるなど、絶好調が続いている。

 「もしドラ人気」にあやかろうというのか、似たようなタイトルで、デザインにも「萌え系」女性を使うといった「類似本」も出始めた。「二匹目のドジョウ」狙いは当たるだろうか。

(J-CASTニュース)

 

遅ればせながら、気になっていたので、先日、”もしドラ”を購入しました。

平積みされていたので、あの表紙がずらっと並んでいて・・・。

 

とるのを少しためらいました。coldsweats01

 

1日で読め、小説のようで面白い本です。

 

「もしも&萌え表紙」

 

どんなものがでるのか楽しみです。

【カテゴリ】本の話
【タグ】

考える技術・書く技術

ここ数ヶ月、顧客の方に資料を提示することが多い仕事を担当していました。

提示する資料は、前もって上司に確認してもらいました。

資料を作成した自分としては「まあ無難な資料ができたな」と思っていたのですが、
上司の評価は「内容が分かりにくい」というものでした。

自分では「分かりやすい資料」だと思うのに何故だ!?

そういえば、文章を書く練習なんてことは、やったことがなかったなと思い、早速本を探してみました。

図書館の人に聞いてみると「考える技術・書く技術」という本がオススメらしいので読むことに。

文章を人にわかり易く書く、大きなポイントは「ピラミッド化」。
自分の考えを表現するには、文章をピラミッド構造で伝えるのがいいらしいです。

しかし、ピラミッド構造に入る前に、まずは聞き手に疑問を生じさせることが大切になる。

その流れはまず、
 ①聞き手が知っている「状況」を伝え、
 ②次にその「状況」に聞き手が知っている「ある現象」が起こる、
 ③そして聞き手に「ある現象」にたいして、「疑問」を生じさせる。

この一連の流れは「導入部」と呼ばれています。

この「導入部」は、ストーリーだてて伝えるとイメージしやすい。

たとえば、以下のようなストーリーを展開する。
 ①「御社の売上は安定して上昇しています(状況)。」
 ②「しかし最近は停滞ぎみに推移しています(ある現象)。」
 ③「何故、停滞しているのか?(疑問)」

この「疑問」に対して、ピラミッド構造で「答え」を述べるのが、分かりやすい資料を作る大原則。

読書中は、今まで考えたことがないことばかりが書いてあり、まさに目から鱗状態でした。

これで多少は分かりやすい文章が書けるようになるのだろうか・・・。

【カテゴリ】本の話

読んだ本を要約してみる

最近、図書館で本を借りることが多くなりました。

借りる本は、育児か仕事関係が大半です。

育児の本は、3児の子を持つ親として、特に興味のある分野です。

仕事の本は、業務に直接関係のあるプログラミングやシステム構築の本を好んで読んでいましたが、最近は「考える」をテーマにした本をよく読むようになりました。

10年後・20年後の将来を考えると、いかに陳腐化しにくい技術を見に付けることができるか。
これが、社会人として生き残っていくには重要だと思っているからです。

プログラミングなどは、新しい技術の登場によって陳腐化しやすいものだと思います。
ましてや20年後、システム開発の仕事自体、無くなっているかもしれません。

しかし「考える」という行為は、人間の活動の根本でもあるため、無くなることはないでしょう。

その中でも、「ロジカルシンキング」や「フレームワーク」といった最近流行の手法を学ぶのではなく、「考える」ことの原理を知りたいと思っています。

それは、「フレームワーク」などの手法がプログラミング同様、新しい手法の登場によりいつかは陳腐化してしまうリスクがあるからです。
ですが、原理は陳腐化しにくいのではないかと思っています。
何ごとも原理があってはじめて手法が生み出される、また、原理を知ることでそれら「フレームワーク」を応用し、使いこなすことにも繋がると考えられるからです。

三十路になって、ようやく「考える」ことを考えるてるのか言われそうですが、今まで何も考えていなかった人生なので。
許してください。

社会人になるまで、本を読むことはほとんど無かったので、読む速度は小学生並ですが、それなりに読書も楽しいものだと感じています。

ただ問題が1つあり、それは本を読んで少し時間が経つと、本の内容を覚えていないことです。

そんな話を弊社の吉田社長にしてみると、
「本を読み終わったあとに、内容を要約して書いてみるといい。」
「そしたら忘れにくいんじゃない?」
と言っていました。

それを聞き、1日後・1週間後・1ヶ月後と、復習するタイミングを次第に開けていく方が記憶の定着率が高いことを利用した「スペースド・リハーサル」という記憶法があるのを思い出しました。

なるほどなるほど。

ということは、

①本を読んで、
②要約して(1週間後)、
③要約を読み直す(1ヶ月後)。

を1ヶ月サイクルでやればいいのか。

今後は本の要約と感想をブログに書いていきたいと思っております。

おわり

【カテゴリ】本の話

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示