山道を走る

おはようございます。微妙に風邪が長引いているめろんです。

12月の2日、3日と社員旅行で下呂温泉に行ってきました。

バスを貸し切っての移動だったのですが、2日目の観光地に鍾乳洞が入っていました。

日頃から運動不足の私に鍾乳洞はかなりきつかったのですがそれは置いておいて、鍾乳洞に向かうまでがかなりの山道。

バスの中で右に左に揺られた結果、乗り物に弱い私はしっかり車酔いしてしまいました。

幸いきつい足場を歩き回っているうちに気分は回復したのですが、帰りもやはり山道…ということで慌てて酔わない方法を調べたところ、帰りは何とか車酔いを避けられました。せっかくなのでブログに残しておきます。

  • 遠くを見つめる
  • 文字などを見ない

→まず、この2つは鉄板ですね。私もつい気になってスマホを触ってしまいがちですが、酔いやすい道の間だけでも我慢です。

  • 頭が揺れないようにしっかり背もたれに密着する
  • 揺れを予測して遠心力に振り回されないように予め体を傾ける

→しっかりと背中を背もたれにくっつけつつタイミングに合わせて一人ひっそりと座席で左右に傾いていたら、途中からそういうリズムゲームでもしているような気になりました。バスが曲がる前から傾いている様子は、知らない人が見たら若干不思議だったかもしれません。

本当は寝てしまえれば一番楽なのでしょうが、自分の場合は寝られる前に酔ってしまったので…。

どれが実際に効果があったのかは分かりませんが、この4つを意識してついでに飴を舐めていたら私の場合は山道での車酔いを避けられました。

酔い止めがない、眠ることも出来ない…といったときに、試してみてください。

洗車をすると雨が降る

こんばんは、kinokoです。 私は、週末ごとに必ず洗車をするのですが、 先週は他の用事が忙しくて出来ませんでした。。。 すると・・・ 毎日の通勤の度に、 『あ”~~~~なんで俺はこんなに汚い車に乗ってるんだ!(# ゚Д゚)』と、 結構なストレスになるわけです(笑) 会社では機械式駐車場(立駐)に入っているので、最近の夕立でキレイになるわけでもなく。 今日、念願の(?)洗車をすることができました(*^^)v が・・・ 洗車完了から、わずか3時間程度で夕立・・・ なぜ・・・ 調べてみると、結構同じようなメに遭っているひとがいるようで。。。 洗車すると決まって雨が降る… >>「洗い終わった途端に雨が降るということがよくあり、笑われてしまいます。結局は、晴れた日に乗っていて、汚れが目立つようになった頃はそろそろ雨の日が近づいているという場合が多いのかなと思います」(daizenさん) 正に正論といったところでしょうか。 にしても悔しい!!

レスキューハンマー

こんばんは、kinokoです。 連日、暑い日が続いていますが、こうも暑いと日中から夕方にかけてモクモクと入道雲が発生して、夕立となる日が増えてきそうですね。 今年は九州地方で、梅雨の豪雨の被害も深刻ですので、なお一層雨への警戒を強めてしまいます。 そして今住んでいるところは、どこへ行くにも車が必需品で、もし集中豪雨に見舞われて閉じ込められてしまったら一大事です。 ということで、車用緊急脱出ハンマー(レスキューハンマー)を購入しました。 71irTXOfmFL._AA1200_.jpg 緊急時には、軽い力で窓を割ることができ、シートベルトカッターもついているので、閉じこめられることは無くなりそうです。 ですが、使う機会の来ないことを願っています。

朝から大興奮\(^o^)/

こんばんは、kinokoです。 さて、昨日の出勤時にあることで大興奮しました。 それは・・・? 公道をカートが走ってる!!(@@;) ※映像が若干乱れがちですので、YouTubeで観ていただいたほうがキレイかもしれません。 あの車高の低さで時速60km以上というのは、相当なスリルが味わえそうで、 遊園地のジェットコースターとはまた違う興奮が味わえそうですね。 そんなことを想像して、一人大興奮のkinokoでした(笑)
GWも明けていつも通りの日常に戻りました。 しかし、毎朝の交通渋滞がGW前よりもひどくなったような気がする、kinokoです。 お陰で、以前より20分近く早く家を出ています。 朝の20分は貴重ですので、早く元の交通量に戻ればいいのですけどね。 さて、『パイオニアは5月8日、AR(拡張現実)情報をフロントガラス前方に映し出す「カロッツェリア サイバーナビ」カーナビシステムを発表。』という記事を見かけました。 パイオニア、フロントガラス前方にAR情報を表示するカーナビ – ITmedia ah_hud1.jpg 「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」を搭載し、ドライバーの約3メートル前方に、ルート情報などを約90×30センチ大でカラー表示する。現実の風景に重ねて表示するため、運転に必要な情報を瞬時に把握でき、視線移動と焦点合わせも大幅に軽減されるとしている。 ということで、あの映画に出てくるような体験がいよいよ現実のものになってきました。 本体価格が30万円以上と、私の車、エッセの半値以上の値段がするのですが、いつかこのようなナビが付けられる車に乗りたいものですね。

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。
ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。