気軽にIoT

8月もいよいよ終わりを迎えようとしています。


みなさんは今年の夏は夏らしいしましたか?


私はエアコンに頼りっきりな夏でした。

 

 


さて、エアコンといえばですが、


ここ最近IoT(Internet of Things)製品を用いて


ネット環境さえあれば外出中でも遠隔操作で


エアコン等の家電を操作したりといったことが可能となりました。

 


IoT製品を導入して日常生活をより便利したい!と思っている方は


多いのではないでしょうか。

 

ただ、やはり導入の段階でちょっと


「めんどくさいなー・・・」と考えちゃう人もいるのではないでしょうか?

 


しかし、実際はそこまで手間のかかるものではないみたいです。


下記の記事では、家電の遠隔操作IoTを10秒で設置することができる


「Nature Remo」という商品が紹介されています。


詳細はこちら

 

 


「Nature Remo」は10月に発売予定で価格は比較的お手ごろな1万3000円とのことです。
導入に悩んでいる方は、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

DIY

猛暑を快適に過ごすために、

DIYに励んでいるヤマです。

 

もうすぐですね。

 

引越しして、初の夏を迎えるということで、

快適に過ごしたいと思います。

 

そこで、せっせことDIYによって

快適グッズ制作を開始しました。

 

「インターネットを見れば、きっと色んな情報が載っているはず!こんなの簡単やー!」

と考えた、スマホ世代の方々!

 

今回は、

「とにかくググレ」

は、ナシの方向で

 

チェッ(・ω・`):::

 

 

 

で、製作途中のものがこちら↓↓↓↓

IMG_3851

  • 電球+ソケット:2000円くらい
  • 割り箸:100円(60膳入り)
  • 布:200円(ダイソーのスカーフ)→周りに巻きつける予定

 

製作途中ですが。

 

電気つけてると暑いですよね、

なので、間接照明を作りました。

材料費が結構かかりました。

 

しかし、

LEDなので電気代も節約、電球自体もそんなに熱くならないみたいです。

 

風水的に、玄関をキレイにしないといけないみたいなので、

使わない時は、玄関に設置して運気を上げます。

 

実はこのあと、「台」まで作ったんです。

合計の制作時間は約3時間です。

 

手作り感が出まくってますが、気にしないでください。

布を巻けば、きっと「それっぽく」なるはずです。

 

ちなみに次回作は、クーラーボックスを作ろうかと思います。

既に構想はあります。

 

では(・ω・)/

掃除が出来ない「ルンバ」

こんにちは、ヤマです。

あの「ルンバ」なのに掃除ができないとは!?
http://wired.jp/2014/12/13/irobot-create-2/

掃除機なのに掃除ができないとは、斬新過ぎますが、
プログラミングができるようです。

誰得?と思ってしまいますが、
記事にもあるように、新しい猫のおもちゃになりそうですね。

節電の夏

7月に入り、自動車業界では土日操業、木金休みで電力需要の
ピークをずらす対応がはじまりました。

1日当たりで供給できる電力には限りがあるため、
この対策は非常に効果があるそうです。

弊社でも7月よりサマータイム制度を導入し、節電対策を行っています。

個人としても、
・クーラーの使用を極力控える
・使用しない電化製品はコンセントを外し、待機電力を抑える
といった、身近な簡単なことから節電を行って行きたいと思います。

節電

浜岡原発の停止が正式に決定しました。

中部電力は代替のエネルギーとして、火力発電の割合を
増加する計画とのことですが、今まで以上に1人1人の節電の
意識が重要になるかと思います。

これまでも、節電グッズの売り上げが大幅に増加していたそうですが、
今後更に需要が増えることでしょう。

また、家庭向け節電対策が政府から発表され、エアコンの使用をやめ
扇風機に切り替えると50%の削減になるそうです。

真夏の昼間にエアコンを全く使用しないことは難しいかと思いますが、
極力エアコンの使用を控える等の対策を行っていきたいです。

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。
ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。