先日、ぼんじりさんが

正規表現を図にしてくれるサービス」という記事を投稿されていましたが、

最新の正規表現はさらに高機能(?)になるようです。

 

あなたの知っている正規表現はもう古い! 正規表現の新常識(ES2018編)

2018年1月23日から25日にかけて、TC39の第62回ミーティングが行われました。TC39のミーティングでは、提案されているECMAScriptの新機能 (proposal) について審議し、各proposalのステージの移動を決定します。
今回のミーティングでは正規表現に関する幾つかのproposalがStage 4になりました。Stage 4になったproposalはES2018に組み込まれ、JavaScript (ECMAScript) に正式採用ということになります。

 

ぼんじりさんと同様、私も正規表現を一発で正しく書けたことが少なく、

毎回苦労しているのですが、

さらに新しい表現が可能になるようで、まだまだ勉強が必要そうです。。。

正規表現を図にしてくれるサービス

こんにちわ。ぼんじりです。

 

正規表現って覚えにくいですよね?

たまに使うとどうやって書くんだっけと毎回Google先生に聞いてしまいます。

 

そんな私に朗報?正規表現を図で分かりやすく提示してくれるサービスがあるそうです。

REGEXPER – https://regexper.com/

 

使ってみた感じはこちら↓

Q.0025

よくあるメールアドレスの正規表現です。

/^[a-zA-Z0-9.!#$%&’*+/=?^_`{|}~-]+@[a-zA-Z0-9-]+(?:\.[a-zA-Z0-9-]+)*$/

 

わかりやすい!・・・のか?動作確認では動いていても図で見ると漏れてるってのがあるかもしれませんね。

試しにお使いあれ。

こんにちは、tomです。

ノートパソコンのローカル環境にPostgreSQL PortableでpgAdminを使用せず
DBリストアする手順で少し時間がかかってしまったのでメモです。
環境は以下の通り。
PC:Windows10 64bit
DB:PostgreSQL Portable9.4.5

【失敗した手順】
①PostgreSQL Portable起動
②リストア先として空のDBをつくる
③Windowsのコマンドプロンプトでリストアコマンド実行

psql -h localhost -p ポート -U DBユーザ -d DB名 < ファイルを指定

→’psql’は、内部コマンドまたは・・・・

【成功した手順】
上記③の手順のpsqlコマンドを、PostgreSQL Portable内のpsql.exeを指定して解決した

C:\hoge\PostgreSQLPortable\App\PgSQL\bin\psql.exe -h localhost -p ポート -U DBユーザ -d DB名 < ファイルを指定

そりゃそうか。

こんにちは。tomです。

最近、仕事でWEBシステムのデザインを
いじいじしています。

そんな中、
「ChromeとSafariで表示したときに隙間ができる」
というところで、原因を突き止めるのに思ったよりも
時間を使ってしまったのでメモ。

■原因
    システム上キャッシュしない制御をしている。
    ブラウザを判定して、必要であればiframeを読み込んでいた
    どうもそのiframeのheight:0px;width:0px;visibility:hidden;に
    よって隙間ができている

■対策
    visibility:hidden;→display:none;に変更
    →問題なく隙間がなくなった

■詰まった理由
    キャッシュ制御でiframeを読み込んでいるのですが
    その内容がこんな感じ


var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase();

if (ua.indexOf(‘safari’) !== -1){
    document.white(iframe読み込み(略));
}

なるほど・・Safariを判定してキャッシュ制御してるんだな!
と思っていたのが詰まった原因。

よくよく調べてみたらChromeのユーザーエージェントに「Safari」が
入っていたのでした。

以上、今後同じようなところで時間をとらないためのまとめでした。

こんにちわ。ぼんじりです。

数日前に詰まったことを備忘録として書きます。

 

VisualStudio2015でWindowsFormアプリケーション開発にて、

継承されたFormのデザイナが表示されず詰まりました。

 

原因はVisualStudioは64bitのOS上でも32bitで動いているため、デザイナを表示するときに

64bitのモジュールを読み込んでいると32bitで動作しているため読み込めずエラーとなっているのが原因でした。

 

今回のプログラムは動作環境がWindows8.1 64bitで、Oracle12cに接続する必要がありました。

 

Microsoft OLE DB Provider for Oracleは、64bitでの提供をしていなかったため

Oracle Provider for OLE DBを使用しての接続を選択しました。

 

Oracle Provider for OLE DBは32bitと64bitのモジュールがあるので、開発環境に合わせ64bitで指定して

ビルドを行っていました。

(AnyCPUでビルドしても起動するexeが64bitで動作していれば64bitとして動作するので指定する必要はないです。)

 

今回表示されていなかったFormの継承元では、メンバ変数にOLE DBを使用するモジュールのインスタンスを作成しており、

デザイナ表示時にインスタンス作成のロジックを処理していたため、32bitアプリ(VisualStudio)から64bitモジュール

の呼び出しが出来ず、デザイナーが表示されなかったようです。

 

解決策として、OLE DBを使用するモジュールのインスタンス作成をフォームロード時に変更する対応をしました。

場合によっては、DesignModeを使用して回避するのが良いでしょう。

 

ユーザコントロールを作成するときは、64bitで指定できないのは気をつけないとだめですね。

忘れてしまいそうなのでメモしておきます。

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。
ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。