大学ニュース

college news

関西大学:従来の100倍以上の発電量を有する摩擦発電機を開発

2018年03月01日
関西大学システム理工学部の谷 弘詞教授らのグループは、柔軟で軽量な摩擦発電機の開発に取り組んでおり、このたび従来の100倍以上の発電量を有する摩擦発電機の開発に成功しました。

【本件のポイント】
・ゴム、フィルムをベースにした柔軟で軽量な摩擦発電機を開発し、靴のインソールに組み込み評価
・摩擦発電機のサイズは50×50×6mm、重量15gで、インソールの踵部と指の付け根部分に組み込んだ
・0.6mW/ステップの発電量で、10個以上のLED点灯やワイヤレス回路の駆動が可能


従来の100倍というだけでも十分すごいように思えますが、更に発電量を増やすべく今後も改良されていくようです。
ゆくゆくは歩くだけでスマートフォンの充電ができるように…と、かなり実用化を期待してしまう技術です。

CONTACT

資料請求・デモ依頼・お見積りのご依頼など、お気軽にご相談ください。

  • お電話での問い合わせ
  • 受付時間 平日9:00~18:00

 052-229-0337