大学ニュース

college news

「日本酒学」学生に大人気 履修者は抽選に

2018年04月12日
新潟大学は11日、日本酒の製造方法や歴史、身体への影響などを総合的に学ぶ「日本酒学」の第1回講義を、新潟市西区の五十嵐キャンパスで開いた。日本酒に関心がある約600人が詰めかけ、講義室は立ち見の学生であふれかえった。

講義は原則週1回。新潟大によると、定員300人の同講義に820人が応募しており、12日に抽選で履修者を決める。

 この日は県酒造組合の会長も務める緑川酒造(同県魚沼市)の大平俊治社長が登壇。蔵人(くらびと)を「暴れまくる麹(こうじ)菌と酵母を自在に操り、複雑な工程を経て日本酒を作る猛獣使いのようなもの」と表現するなど、現場目線で酒造りの魅力を語った。


酒造りの技術や文化を学ぶだけでなく、日本酒のたしなみ方や地方創生に向けての狙いがあるそうです。

導入をご検討の方へ

資料請求・デモ依頼・お見積りのご依頼など、お気軽にご相談ください。

  • 機能をまとめた詳細資料が欲しい方は
  • お電話での問い合わせ
  • 受付時間 平日9:00~18:00

 052-229-0337