• 大学のシステムパッケージならTriR Campus
  • 株式会社ジャスウィル

大学ニュース

college news

大阪大学:花の形の多様性を創出する原理を発見 ~左右対称な花を形づくる仕組みを計算機シミュレーションから予測 -- 大阪大学

2020年02月13日
 【研究成果のポイント】
◆花びらの数と空間的配置の多様性を生み出す発生過程の特徴を発見
◆花器官の配置に影響する因子はこれまで複数知られていたが、配置の多様性に果たす各因子の役割を花の発生過程の計算機シミュレーションから予測
◆花の形という身近な主題について、多様性を生み出す原理を解明することで、基礎科学研究の面白さへの理解が深まることが期待


◎本研究成果が社会に与える影響(本研究成果の意義)
 本研究成果により、様々な植物種が多様な花の形へ進化する際に生じた発生過程の変化を統一的に予測できるようになりました。花の形の多様性という身近な現象を生み出す原理を解明することで、自然現象の不思議への興味を誘引し、基礎科学研究の面白さが社会へ波及し、不思議を解き明かそうという意欲がさらに増進することが期待されます。



 ”【研究者のコメント】
 私たちが身近に感じる花の形の多様性の背後に潜む原理を、私たちは数学や物理学や化学や生物学などの理学を融合することで理解を目指しています。”

導入をご検討の方へ

資料請求・デモ依頼・お見積りのご依頼など、お気軽にご相談ください。

  • 機能をまとめた詳細資料が欲しい方は
  • お電話での問い合わせ
  • 受付時間 平日9:00~18:00

 052-229-0337