こんにちは、kinokoです。

 

「熊本地震」の被害が甚大化しています。

まだまだ余震も続き、救援・復旧作業もなかなか進まない状況です。

道路も寸断され、支援物資もなかなか届かないようで、

我々がアクションを起こしても、すぐには被災地には届かない状況です。

 

すぐにでも出来る支援と言えば、義援金を思い浮かべますが、

残念ながら善意の団体ばかりでもなく、なかには活動実績のない団体が路上で募金活動

をしていることもあるようです。

 

そこでオススメなのが、「ふるさと納税」を利用した被災地支援。

ふるさと納税は、寄付額に応じた返礼品が貰えることが多いですが、その返礼品を

辞退することで、心置きなく募金とすることができます。

すでに、熊本県南阿蘇村などの被災地では、「緊急支援募金」という形でのふるさと納税の

受け入れを実施しているようです。

 

ふるさと納税サイト(さとふる)

ふるさとチョイス

 

返礼品を受け取らなくても、寄付金受領証明書は発行されるため、

寄付額は納税控除の対象とすることができます。

 

なお、ふるさと納税での寄付金控除の対象額は、年収や家族構成などによって異なります。

簡易的な計算サイト もありますので、ふるさと納税について学んでみてはいかがでしょうか。

 

【カテゴリ】国内雑談役に立つ話

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示