イオンとサッポロホールディングスは7月21日、大分県と静岡県を結ぶ貨物船の共同運航を24日に始めると発表した。週2往復し、双方の商品を輸送する。トラックによる輸送の一部を代替し、ドライバーの負担、環境負荷を低減する狙い。

 大分港からは、イオンが福岡県内の工場で生産したプライベートブランド「トップバリュ」の飲料などを関東地方に輸送。清水港(静岡県)からは、サッポロが静岡県内の委託先工場が製造した清涼飲料水を九州へと運ぶ。

 貨物船で大量輸送することで、トラックドライバーの長時間運転を解消できるという。トラック輸送と比べると、イオンは約15%、サッポロは約6%の輸送コストを削減できるほか、CO2排出量も約50%削減できるという。

 

イオンとサッポロ、貨物船を共同運航 トラック運転手の負担軽減

 

少し前に「お寿司の自動宅配へ」の記事を紹介しましたが、企業同士が協力し合うことで、

さらに物流業界の負担軽減へ向けた取り組みが進みそうですね。

【カテゴリ】国内社会・経済

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示