Shairport-sync

こんにちは、

 

1週間前にはなりますが、AmazonのCyber Monday、、、祭りが終わってしまいましたね。

皆さん、何か買いましたか。

 

私は、プロジェクタか大型ディスプレイが欲しかったので、

ウォッチリストに入れていたのですが、

結局買いませんでした。

またの機会にします。

今回はあまり良い出会いありませんでした。。。残念、、、ヤマです。

 

 

会社に余っていたRaspberryPiが最新モデルでしたので、

こそ~~~~っと、自宅に持ち帰り、遊びました。(会社から貰いました)

 

旧タイプのRaspberryPiでは、WifiやBluetoothを別途用意しなくてはならず、

若干、手間がかかりました。

 

新タイプでは、全て組み込まれているうえ、スペックも上がっています。

 

以前のRaspberryPiで制作した、「アナログステレオのAirPlay化」を

新タイプのRaspberryPiを使って、設置することにしました!

 

手順ですが、、、、

https://github.com/mikebrady/shairport-sync/blob/master/README.md この通りにやればできます。

 

以下、ハマりポイントだけ

 

1)まずはライブラリの更新をすべし

作業前に、

sudo apt-get update パッケージDB更新

sudo apt-get upgrade 色んなもの更新

で、パッケージ周りのアップデートをしておきましょう。

これしないと、shairport-syncで必要なライブラリのインストールでこけます。

私はこれで1日無駄にしました、、、omg

 

2)最初からrootで作業しちゃう

いちいち、コマンドの先頭に「sudo」付けるの面倒です。

いっそのことrootでやっちゃいましょう。

でも、初期状態ではrootのパスワードは設定されていませんので、

sudo passwd root

のコマンドでrootのパスワードを設定した上で、suでrootに変身しておきましょう。

 

3)/etc/shairport-sync.conf

外部出力に対して下記のような設定をしておきましょう。

general = {
  name = “myairpi”;
};

alsa = {
output_device = “hw:1,0”;
};

 

hw:1,0の箇所は、Raspi上のデバイス接続状況によって変わります。

aplay -l

コマンドを叩いてみて、

接続された外部出力のデバイスカード番号と、

サブデバイス番号を控えておき、

hw:デバイスカード番号,サブデバイス番号

の書式で記述します。

 

ちなみに、「hw」で動かない可能性もあります。

その場合は、「plughw」に書き換えたあと、

systemctl restart shairport-sync

でサービス再起動して試してみましょう。

 

 

4)音がちっちゃい!

せっかくAirPlayできても、音が小さいっす、、、泣

そんな時は、先ほどのshairport-sync.conf内の

generalセクションに、下記の記述を追加することで、

ボリュームコントロールを無視して、最大出力で音を出せるようになります。

ignore_volume_control = “yes”;

 

Raspberrypi側でボリュームの調整をする場合は、

alsamixer -c 1

のコマンドで、ボリューム調整できます。

「1」の箇所は、外部出力のカード番号を指定してください。

 

 

5)それでもやっぱり音が小さい

それでも、まだ音が小さいっていう場合は、もしかしたら必要な電力(?)電圧(?)電流(?)が

確保出来ていない可能性も。

素人なので間違っていたら申し訳ないですが、

アナログスピーカーに最大出力50Wとか100Wとか書いてあると思いますが、

その分の電力が確保出来ていないのでは?という話です。

(アンプとスピーカーが合っていないのもあるかも)

 

私の場合は、「そもそもアンプって何?」ってところから始まったので

まだよくわかっていませんが、

アンプっていうのは、音源を入力として、音声を増幅させて外部機器に出力するものらしです。

wikipediaより↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97_(%E9%9F%B3%E9%9F%BF%E6%A9%9F%E5%99%A8)

 

ってことは、もしかしたら電力足りてないんじゃね?

という事に気づきました。

 

私の場合は、アンプはラズパイ側から電気を確保していたのですが、

これが良くないのかな?と思い、

アンプを変えて、かつ別途電源を確保したところ、

めっちゃパワフルに音が鳴りました。

 

うちの場合は下記のような構成です。

 

iPhone

↓ (AirPlay)

RaspberryPi

↓ (USB接続)

USB外部出力用機器

↓ (オーディオケーブル⇒外部入力へ変換)

ミニコンポ(アンプ代わり)⇒外部電源で電力確保

↓ (通常の接続)

アナログスピーカー(100Wスピーカー2台)

 

これで、音楽ライフが楽しめます。

本当はミニコンポを経由したくないので、

そんなやり方があれば、どなたか教えてください。

 

 

【カテゴリ】Webサイト
【タグ】

シャープは12月14日、RoBoHoN(ロボホン)が音楽の歌詞や曲名を教えてくれるサービスを12月20日より開始すると発表した。

シンクパワーの歌詞サービスと、シンクパワーが日本総代理店をつとめるWOLA ENTERTAINMENT LIMITED(WOLA)の楽曲・音声認識技術によるもの。

同サービスは、シンクパワーが提供する「歌詞先読み」と「歌詞先読み」の2つの技術からなるもので、RoBoHoN専用の音楽再生アプリ「Music」内にて「歌詞先読み」機能を使用すると、再生された音楽の歌詞を歌唱よりも少し先に読み上げてくれるようになる。

 また、専用アプリ「この曲何?」を起動してRoBoHoNに音楽を聴かせることで、曲名やアーティスト名を教えてくれるようになる。なお、鼻歌での認識も可能という。

 

昔、ガラケーだった頃に「聴かせて検索」というサービスがあり、

モノは試しに使ったことがありますが、

その頃の認識精度では、なかなか正解に結びつかなかった覚えがありますが、

今どきの技術となれば、かなりの認識率なのでしょうか?

 

気になるところですが、私の場合、RoBoHoNを買うところから始めなければなりませんね。。。

【カテゴリ】雑談
【タグ】

一番安く買える日とは・・

首の裏にニキビが出来て、地味に痛い豆大福です。

初めてそんな場所にできました・・。

 

もうそろそろ年末ですね。クリスマス、年越し、お正月と一気にイベントが来ます。

この時期の販促担当の方は忙しいだろうなと思ってしまいます。

クリスマスフェア!年末大感謝キャンペーン!初売りフェア!福袋フェア!

こちらも、安い時期に何か買いたいなーと思っていても、どれが1番安いのか

正直分かりません。

調べてみると、1月下旬が一番安く買えるとの事。割引率は50%~90%も。

(元旦セールで売れ残った商品が売り出されるため、完全に掘り出し物にはなりますが)

 

それもと運試しで、福袋を1個買ってみるべきか。

福袋は12月上旬から予約が始まっているブランドが多いので、

今買うべきか早い判断が必要な所・・。

 

 

【カテゴリ】日常の出来事

EQ診断

人の能力を診断する1つとして、IQ(知能指数)テストを
ご存知の方は多いと思います。

心のIQとも言われるEQを診断するテストは感情的な知能を測定する
テストのことです。

観点としては、
・自分の感情をどれだけコントロールすることができるか(対自己EQ)
・他人の感情をどれだけ理解することができるか(対他者EQ)
の2点から診断を行うようです。

無料で簡単に診断を行う事ができるWebサイトも多くありますので、
興味のある方は、一度診断されてみてはいかがでしょうか。

【カテゴリ】Webサイト

サイバーマンデー

月曜から左肩が痛い豆大福です。
皮膚が痛いのか、肩こりなのか、謎です・・。

今日の18時からAmazonにて「サイバーマンデーセール」が
始まっていますね。そんなのがあったんだ・・と今まで知りませんでした。

今年はPSVRやNintendo Switch、冬グルメや大型家電と、
割引率が50%以上の商品や、今年最安値の商品が登場しているとか。

12月11日(月)23時59分までと、78時間限定なので買うなら今しかありませんよ!

Amazon | Cyber Monday サイバーマンデー 2017

 

【カテゴリ】Webサイト

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示