10月22日に投開票される衆院議員選挙に合わせて、反差別を掲げる学生団体(反レイシズム情報センター・ARIC)が10月3日、立候補予定者らの過去の差別やヘイトスピーチにあたる発言を集めた「ヘイト政治家データベース」を公開した。

データベースの元になっているのは、ARICがこれまで集めて公開していた政治家の発言集で、今回の衆院選に合わせて、立候補予定者の分だけを整理しまとめた。

公開時点で掲載されている候補者の発言は、自民48人、民進12人、他5人(政党は解散前)となっている。ARICによると、「ヘイト」発言かどうかの判定には、人種差別撤廃条約とヘイトスピーチ解消法を基準とした。また、新聞などで報道されたもの、発信者が確認できたネット上での発言など、証拠があるものだけを掲載するなど、データベースは団体の「定義とデータ公開の原則」に沿って制作されている。

その他、「ヘイトリポート」と名付けられた通報窓口があり、閲覧した人々からも立候補予定者らの選挙運動中の発言などについての情報を募集。原則に合うものについては、データベースに加えていく予定だという。

ARICは大学生・大学院生による約40人が参加するボランティア組織。今回のデータベース作りに関わるボランティア・寄付も募集している。

 

新党ができたり、野党同士の連携などが話題の衆院選挙ですが、

過去の差別的な発言の有無も、投票先を選ぶ上で必要な参考情報の一つとして活用されても良いかもしれませんね。

【カテゴリ】国内社会・経済Webサイト
【タグ】

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示