Google、うるう秒を「時の進みを0.0014%低速化」して対応

NO IMAGE

もうすぐ2016年も終わりですね。

 

今年は、2017年を迎えると同時(日本時間では2017年1月1日8時59分60秒)に、

「うるう秒」が挿入されます。

 

うるう秒は、挿入が必要な年の6月30日、もしくは12月31日に実施されることが決まっているもので、前回は、2015年6月30日に実施されています。

 

うるう秒では、1分間の秒数が61秒になることで、システムが予期しない動作をする恐れもあります。

 

そんなうるう秒ですが、GoogleではUTCの2016年12月31日14時ちょうどから2017年1月1日10時ちょうどまでの20時間、同社の公開NTPサーバを0.0014%低速化させて調整し、うるう秒挿入を避けるとのことです。

 

この間、Google以外のNTPサービスを利用しているサービスとGoogleのサービスでは時間的なズレが生じることになり、サービスによっては注意が必要です。

 

詳細なスケジュールは、Googleのウェブサイトに記載されているとのこと。

 

普段はあまり気にしない世界の話ですが、このようなことがシステムの安定稼働に貢献しているのですね。

CTA-IMAGE

インターンシップ2020募集中!

文理不問、全学年対象で体験できるインターンシップです。たくさんの学生さんと会えることを楽しみしています、是非ご参加ください。

1DAY:業界研究&プログラミング体験
IT業界研究セミナーとscratchを用いたプログラミング体験!

1WEEK:システム開発の流れを体験!
要件定義から設計、開発、テストまで、一連の業務を体験します。