物件内に家具が置けるかARで測る「SUUMO Measure」

NO IMAGE

リクルート住まいカンパニーは3月24日、グーグルのAR技術「Tango」を活用し、物件の内覧時に、家具や家電が希望の場所に配置できるかを視覚化するスマートフォンアプリ「SUUMO Measure」の配信を開始したと発表した。

 

Tango™対応 内覧時に家具配置のシミュレーションができるARアプリ「SUUMO Measure」をリリース

 

アプリの利用には、Google Tangoに対応したスマホが必要で、現状では、Lenovoより発売されている「Phab 2 Pro」が対応機種とのこと。

日本ではSIMフリー端末として発売されており、50,000円弱から購入できるようです。

 

AR/MR向けのフレームワークである、Tango。

開発者向けのページもあり、今後さらに利用シーンが増えることが予想されています。

 

CTA-IMAGE

インターンシップ2020募集中!

文理不問、全学年対象で体験できるインターンシップです。たくさんの学生さんと会えることを楽しみしています、是非ご参加ください。

1DAY:業界研究&プログラミング体験
IT業界研究セミナーとscratchを用いたプログラミング体験!

1WEEK:システム開発の流れを体験!
要件定義から設計、開発、テストまで、一連の業務を体験します。