こんにちは、

 

先日、リビングに敷くためのラグを

パルコの雑貨屋さんで購入しました。

 

インドでの手作りラグは、機械で作るのとは違い

見た目も決して綺麗に整っているわけではないですが、

シンプルで手作り感もあり、気に入っています。

 

で、リビングに置いたわけですよ。

 

ルンバさんの居る、リビングにね。

 

 

対する、ラグは、

http://honda-kagu.net/shop/item/honda/picture/goods/10222_1_expand.jpg

 

こんなイメージのもので、

四隅に、ヒラヒラがついているわけですよ。。。。

 

 

完全に、忘れてましたね。

ルンバさんのことを。

 

で、戦いの結果は、

 

ルンバ:(#`皿´)

ラグ:(_TдT)

 

こんな感じでした、、、ヤマです。

 

 

 

本題

 

 

ELB(AWSサービスの一つ、バランサ)

を一つ構えて、配下にEC2インスタンスを2台設置しました。

 

設置当初は、何も考えて無かったのですが、

ログの扱いをすっかり忘れていたことに、気づきました。

 

ログと言っても、WEBサーバのアクセスログではなく、

アプリから吐き出すログです。

 

セッションはDBに持っており、

どちらのサーバに振られてもいい様になっています。

 

この状況で、以下の解決方法を試してみました。

 

1)ログ出力先をS3にする

 サーバ1もサーバ2も、ログの出力先を同じS3バケットにすることで解決しようとしました。

 施策としては非常に簡単です。

 EC2からS3の特定バケットをマウントするだけ。

 

 結果

  S3へのアクセスが遅すぎて使えない

  実用に耐えられないほどの遅さでしたので、断念。。。

 

 

2)Cloudwatch Logsを利用する

 CloudWatch LogsのAgentをインストールして、定期的にログをCloudWatch Logsへ上げる。

 最初から素直に、この方法にしておけばよかったです。

 

 一つ懸念としては、複数EC2インスタンスから、同じロググループ、ログストリームに

 アップした事がなかったので、実現できるか心配だったこと。

 

 結果

  ほぼリアルタイムで閲覧でき、大満足

 

  各種ログをほぼリアルタイムで同期でき、サーバへアクセスすることなく、

  CloudWatch Logsコンソール上でログを閲覧できるので、かなり役立っています。

 

 

手順を簡単に書いておきます。

前回書いた記事も参考に。「CloudWatch Logs

 

 

1)IAM Roleを設定

 

CloudWatch Logsへのアクセス権限を持つIAM Policyを作り、

それを特定のIAM Roleに割り当てます。

で、そのIAM RoleをEC2インスタンスに割り当てます。

 

2)スクリプト入手&実行

https://s3.amazonaws.com/aws-cloudwatch/downloads/latest/awslogs-agent-setup.py

 

実行権限を与えて、pythonで実行してください。

python ./awslogs-agent-setup.py –region ap-northeast-1

 

 

3)設定ファイル編集

/var/awslogs/etc/awslogs.conf

を良い感じに編集してください。

 

 

この設定を、2つのサーバ(EC2インスタンス上)で設定して、

それぞれのサーバのログを、CloudWatch Logsで収集するようにしました。

 

 

Instagram、使ってますか?

 

「インスタ映え」という言葉が流行語にも選ばれるなど、

何となく「オシャレな写真を投稿するSNS」というイメージがあるInstagramですが、

この程、『ストーリー』でテキストだけの投稿が出来るようになったそう。

 

親会社のFacebookでは、背景を付けた短いテキストを投稿できる同等の機能があるので、

それと似たような投稿となるのでしょうか。

 

未だにストーリーに投稿したことがないkinokoには、

あまり影響のない話ですが^^;

こんにちは。生ハムです。

 

 

 

2月1日にNTTドコモが、フットサルのシュートやゴールシーンを自動抽出するAI技術

「スポーツ動画センシング」を開発したと発表しました。

 

その内容とは、フルHD画質のカメラ7台で自動録画したコートの様子をその場で

タブレット端末で見れるのです。もちろん家に帰ってからパソコンで見ることも出来ます。

そして!「スポーツ動画センシング」のすごいところは・・・

録画した映像からプレイヤーやボールの動きを自動で検知し、プレイヤーの追尾やシュート、

ゴールシーンをタグ付けし、自動検出してくれるのです!!

 

ne_docomoaisoccer_01ne_docomoaisoccer_02

なんともすばらしい技術・・・

私もフットサルしていて「今何が起きたの?」「リプレイ流して!!」って思うことが多々あるので、

ぜひとも使ってみたい!

愛知のフットサル場にも設置されることを祈っております!!

【カテゴリ】Webサイト

インフルエンザ対策

2018年を迎えたなーと思っていたら、もう2月。
1か月終わるのが早く感じる豆大福です。

 

最近インフルエンザが大流行ですね。
推定患者数が283万人と過去最多を記録しております。
インフルエンザにも3種類に分類されているのを知っていますか?

現在、流行になっているのは「インフルエンザB型」です。
インフルエンザB型は熱はあまり上がらず、せきや鼻水の症状があるタイプです。
高齢者に感染しても高熱が出ない為、ただの風邪だと勘違いしてします。

今年の目標は「健康第一」を掲げている自分にとっては、「絶対にかかってやるものか・・」と対策はしっかりとっています。
フラグではないです。

・こまめな手洗い
・喉エチケット(喉を乾燥させないために、20分毎に水を飲む)
・加湿
・栄養と休養をしっかり取る(7時間睡眠など)

意外とマスクの着用は自分を守る手段としては推奨していないようです。
防毒マスク並のものではないと意味がないとの事。Amazonの出番ですかね。

 

インフルエンザ対策をしっかり行いましょう!

 

【カテゴリ】Webサイト

こんにちわ。ぼんじりです。

Amazonの新本社ビルに「Amazon Spheres」と呼ばれる植物園型のワークスペースが2018年1月31日にオープンするそうです。

 

 

なんともシャレオツ。こんなところで仕事をすると良いアイデアが出てくるのでしょうね。

 

以前参加したセミナーの会社では、オフィス内にテントが張ってありそこで会議をしているそうです。

いつもと違う環境だと良いアイデアが出やすいんだとか。しかしAmazonは規模がすごい。

【カテゴリ】Webサイト

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示