Google Chromeのアドレスバーに表示される「i」マーク

NO IMAGE

ブラウザのシェアといえば、かつてはMicrosoft社のInternetExplorerがおおきな割合を
占めていましたが、現在はGoogle ChromeやFirefox等様々なブラウザを使用する人が
増えてきています。

そのGoogle Chormeのアドレスバーに「i」マークが表示されているのを
見たことがある方もいるかと思います。

これは安全ではない通信経路でWebサイトと接続して、Webページを表示した場合に
表示されるマークとなります。

「https://」のように暗号化された通信経路の場合は、「i」マークではなく
南京錠のマークが表示されます。

「https://」から始まる場合でも、安全性を妨げる何かが通信経路上にある場合は
「i」マークが表示される場合があるようです。

普段あまり気にしない方もいるかと思いますが、特に個人情報を入力するような
Webページの場合には、「i」マークではなく南京錠のマークとなっているかを
気にしたほうが良さそうです。

CTA-IMAGE

インターンシップ2020募集中!

文理不問、全学年対象で体験できるインターンシップです。たくさんの学生さんと会えることを楽しみしています、是非ご参加ください。

1DAY:業界研究&プログラミング体験
IT業界研究セミナーとscratchを用いたプログラミング体験!

1WEEK:システム開発の流れを体験!
要件定義から設計、開発、テストまで、一連の業務を体験します。