ブラウザのシェアといえば、かつてはMicrosoft社のInternetExplorerがおおきな割合を
占めていましたが、現在はGoogle ChromeやFirefox等様々なブラウザを使用する人が
増えてきています。

そのGoogle Chormeのアドレスバーに「i」マークが表示されているのを
見たことがある方もいるかと思います。

これは安全ではない通信経路でWebサイトと接続して、Webページを表示した場合に
表示されるマークとなります。

「https://」のように暗号化された通信経路の場合は、「i」マークではなく
南京錠のマークが表示されます。

「https://」から始まる場合でも、安全性を妨げる何かが通信経路上にある場合は
「i」マークが表示される場合があるようです。

普段あまり気にしない方もいるかと思いますが、特に個人情報を入力するような
Webページの場合には、「i」マークではなく南京錠のマークとなっているかを
気にしたほうが良さそうです。

【カテゴリ】Webサイト

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示