mauticでの注意事項

NO IMAGE

こんにちは、

ジェットスターが「なごや」にちなみ、名古屋~台北間の航空券(複路)を758円でセール中!

今日買おうと思ったのに、パスポート忘れてきたYO!

ちなみに往路は正規料金でした。ヤマです・・・ショボーン:(

 

 

 

今回は、mauticを使っていて、わかったことを書いていきます。

 

「キャンペーン」という機能がありますが、

こいつ、なかなかツワモノですが、クセモノです。

まずは下図をご覧ください。

mautic1

 

 

mauticでは顧客がとる行動を、事前にこのように設計しておき、

リードの行動をトリガーとして様々な処理を実施することができます。

そこで覚えておくべき基礎的な事項があります。

 

 

1)キャンペーンの進行方向

キャンペーンのフローは必ず上から下に流れ、一度下に流れたら、上に戻ることはできません。

つまり、右図の「A」まで到達したリードの場合、

メール再送信後に、もう一度「3.メール開封チェック」に戻って、

メール開封したかのチェックを行うよう、フローを設計することはできません。

「A」の時点で、開封チェックをする場合は、「A」の下に同様の開封チェック処理を作る必要があります。

こりゃ面倒だ。

あるいは、Aの次のアクションとして、

「再送用セグメント」を別途作っておき、Aに到達した全てのリードを

再送用セグメントに入れてしまい、

再送用セグメントに対して、別途キャンペーンを実施する、という方法もあります。

 

2)キャンペーンの分岐

キャンペーン内でのリードのリソースの扱いについて、

あるアクションをリードが実施したか否かによって、Yesルート/Noルートのように、

Outは複数ルートを取る可能性がありますが、

あるアクションを実施したかを判定するためのInのリードリソースは、必ず1方向からしかとれません。

(説明が下手。。。)

上図で、Aまで到達したリードに対して、「7.アセットDLチェック」に

合流させることはできないということです。

「7.アセットDLチェック」は、既に「4」からのリードをリソースとして使っています。

Aまで到達したリードに対して、「7.アセットDLチェック」をしたければ、

やはり同じような処理を、書いていくしかないようです(現状は)

 

 

3)キャンペーンのトリガー発火順

 

上図では、メール送信後、メール開封していれば、次はアセットDLのチェックを実施します。

では、メール開封せずに、アセットをダウンロードしたらどうなるでしょうか?

答えは、「7.アセットDLチェック」のトリガーは発火しない、となります。

キャンペーンはあくまでも、定義したフローを順に検証していきます。

リードが行ったアクションとしてはログが残りますが、

キャンペーンとしては、何も実施されていない、という事になります。

つまり、いくらアセットのダウンロードをリードが実施したとしても、

リードに対するポイント加算はされない事になります。

 

ということで、上図の場合だと、リードが取る行動のフローとしては、

1)12356

2)123478

3)123479

この3ルートということになります。

 

mautic、手探りで勉強中です。

もし間違い等がありましたら、ぜひ教えてください!

 

CTA-IMAGE

インターンシップ2020募集中!

文理不問、全学年対象で体験できるインターンシップです。たくさんの学生さんと会えることを楽しみしています、是非ご参加ください。

1DAY:業界研究&プログラミング体験
IT業界研究セミナーとscratchを用いたプログラミング体験!

1WEEK:システム開発の流れを体験!
要件定義から設計、開発、テストまで、一連の業務を体験します。