mauticでの注意事項

こんにちは、

ジェットスターが「なごや」にちなみ、名古屋~台北間の航空券(複路)を758円でセール中!

今日買おうと思ったのに、パスポート忘れてきたYO!

ちなみに往路は正規料金でした。ヤマです・・・ショボーン:(

 

 

 

今回は、mauticを使っていて、わかったことを書いていきます。

 

「キャンペーン」という機能がありますが、

こいつ、なかなかツワモノですが、クセモノです。

まずは下図をご覧ください。

mautic1

 

 

mauticでは顧客がとる行動を、事前にこのように設計しておき、

リードの行動をトリガーとして様々な処理を実施することができます。

そこで覚えておくべき基礎的な事項があります。

 

 

1)キャンペーンの進行方向

キャンペーンのフローは必ず上から下に流れ、一度下に流れたら、上に戻ることはできません。

つまり、右図の「A」まで到達したリードの場合、

メール再送信後に、もう一度「3.メール開封チェック」に戻って、

メール開封したかのチェックを行うよう、フローを設計することはできません。

「A」の時点で、開封チェックをする場合は、「A」の下に同様の開封チェック処理を作る必要があります。

こりゃ面倒だ。

あるいは、Aの次のアクションとして、

「再送用セグメント」を別途作っておき、Aに到達した全てのリードを

再送用セグメントに入れてしまい、

再送用セグメントに対して、別途キャンペーンを実施する、という方法もあります。

 

2)キャンペーンの分岐

キャンペーン内でのリードのリソースの扱いについて、

あるアクションをリードが実施したか否かによって、Yesルート/Noルートのように、

Outは複数ルートを取る可能性がありますが、

あるアクションを実施したかを判定するためのInのリードリソースは、必ず1方向からしかとれません。

(説明が下手。。。)

上図で、Aまで到達したリードに対して、「7.アセットDLチェック」に

合流させることはできないということです。

「7.アセットDLチェック」は、既に「4」からのリードをリソースとして使っています。

Aまで到達したリードに対して、「7.アセットDLチェック」をしたければ、

やはり同じような処理を、書いていくしかないようです(現状は)

 

 

3)キャンペーンのトリガー発火順

 

上図では、メール送信後、メール開封していれば、次はアセットDLのチェックを実施します。

では、メール開封せずに、アセットをダウンロードしたらどうなるでしょうか?

答えは、「7.アセットDLチェック」のトリガーは発火しない、となります。

キャンペーンはあくまでも、定義したフローを順に検証していきます。

リードが行ったアクションとしてはログが残りますが、

キャンペーンとしては、何も実施されていない、という事になります。

つまり、いくらアセットのダウンロードをリードが実施したとしても、

リードに対するポイント加算はされない事になります。

 

ということで、上図の場合だと、リードが取る行動のフローとしては、

1)12356

2)123478

3)123479

この3ルートということになります。

 

mautic、手探りで勉強中です。

もし間違い等がありましたら、ぜひ教えてください!

 

【カテゴリ】Webサイト
【タグ】

mautic

こんにちは、

お肉大好き、ヤマです。

 

「mautic」・・・新製品のお菓子じゃないよ!

「mautic」・・・楽器じゃないよ!鳴らないよ!

「mautic」・・・ハリウッドセレブ愛用の化粧品じゃないよ!

 

マーケティングオートメーションツール、、様々な製品が世に出回っており、

ネットの世界を歩けば、マーケティングオートメーションに当たる、

それほど溢れています。

 

そしてどれも高額なんですね。

 

「mautic」とは?

なんとフリーで高機能なマーケティングオートメーションツールです。

 

タダより高いものは無いとよく言われますが、

実際、タダは嬉しいです。

 

「mauticで何ができますか?」

 

簡単に言えば、キャンペーンを企画・設計し、それに基づいてリードスコアリングができちゃいます

 ⇒例えば、あるフォームを経由して資料をダウンロードした利用者には、+5点

 ⇒さらに送信されたメール内のURLをクリックして、情報を閲覧したら、+5点

 ⇒10点以上獲得した利用者は、別ステージへ移行させ、さらにメールを送信し資料を送る

 なんていう事が、ノンプログラミングで、自動に出来てしまいます。

 

もちろんそれ以外にも機能が豊富で、メルマガを配信し、メルマガ閲覧者には+5点、

閲覧した人、しなかった人、それぞれに別のアクションをすることも可能。

 

予め、フォームや送信するメール、また送付するファイルなどを用意し、

設計しておけば、様々なアクションをトリガーとして自動的に「リードナーチャリング」が出来ます。

 

素晴らしい。。。

 

リードナーチャリングをしなきゃと思っても、

実際どうやればいいかわからない方は多いはず。

 

できますよ!mauticなら!(これが言いたかった)

 

 

しかし、注意点もあります。

mautic自体、比較的新しいツールで、ドキュメントも整備されているとは言えません。

情報も少なく、海外のコミュニティサイトを見ながら、

試行錯誤しているのが現状です。

さらに、バグもあります。。。(タダより高い、、のか、、omg)

ソースやDBを追いかけて、原因を探るといった事もしながら、少しずつ解決しています。

 

運の良い事に、名古屋ではmauticのコミュニティが比較的活発に活動していて、

私も参加しながら、勉強させてもらっています。

何か良い情報がありましたら、またここでも発信していきたいと思います。

 

【カテゴリ】Webサイト
【タグ】

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示