インターンシップ2週間を終えて

私は、今回「株式会社ジャスウィル」さんでインターンシップをさせていただきました。

インターンシップに来てから2週間目が経ちます。この2週間では企画、提案体験として「学校生活の課題をシステムで解決するアイデア」についてグループ4人考えました。

インターンシップもこのような体験も初めてで、わからないことも多々ありました。

グループでの話し合いの際、案がなかなか浮かばなかったり、意見がなくなってしまい話し合いが止まってしまったり…ということもありました。時間がかかってしまうこともありましたがなんとかまとめて、話し合いをすることもありました。

デモページの制作はグループで決めた担当ごとにそれぞれのページを制作しました。ページ作成は調べながらの作業でした。

そしてプレゼンの資料作成、プレゼンの練習..とやっていきました。

自分はプレゼンでは前に出て話すことはありませんでしたが、プレゼン後の社員の方々からの格意見はとても参考になり、知らなかったことも含めとても勉強になりした。

IMG_1320

実際にこのような体験ができたのはとても勉強にもなり、貴重な体験ができたと思います。

残りのインターンシップ期間も様々なことを学んで行きたいです。よろしくお願いします。

HAL インターンシップ – First two weeks –

HALインターンの宮崎です!

私は10月からひと月、株式会社ジャスウィル様にお世話になっています。

最初の2週間は学生生活の改善をするための企画・提案ですが、例年とは違い個人ではなく、グループでの作業となりました。グループでの作業は個々の考え方が少し違うと設計に違いが生じたり、難しいと感じる場面が何度かありました。途中、改善案の考案以外でも野球チームを用いたグループワークがあり、頭の体操をしてリフレッシュすることもありました。このゲームでは論理的思考、社会に出た際に必要になるであろう情報の伝達力を養うことができ、非常に勉強になりました。

IMG_1330

グループでひとつの案を練るのは予想以上に難しかったのですが、それを乗り越えて発表までもっていき、終えたときの達成感は何物にも変えがたいものがあります。グループでひとつの企画を立てて要件定義・運用・保守のことまで自分達でけで考えたことは多少なりとも自信になりました。また、社員の方々に質問された際に企画段階での「なぜ?」の掘り下げ、検証の繰り返しが以下に大切かを学びました。

IMG_1333

また、個人での発表もさせていただき、さらにフィードバックまでしていただき、ジャスウィルの皆様ありがとうございました。ここでも、多くの疑問が投げかけられ、自分の力不足、企画の甘さから上手く答えられませんでしたが、自分では気づかなかったことを多くの面から伺えたのでとてもためになりました。

自分で何かを作る際に関わらず、多方面にアンテナを張り、簡単に終わらせずにすることは社会人・エンジニアとして必要なことであると再認識する事が出来ました。

残り2週間は開発がメインとなるので何とか実装まで出来るように頑張りたいと思います。

インターンシップ2週間目を終えて…

今回ジャスウィルさんには1ヶ月のインターンシップを受け入れていただけました。

インターンシップの前日にはジャスウィルさんはどのような会社なのか、また1ヶ月もうまくやっていけるのか不安なことが沢山ありました。

当日、会社にいくと会議室に案内されました。この待っている時間がとてもドキドキしました。ですが受け入れを担当してくれた岡田さんはとても優しい人で安心しました。

インターンシップ1~2週間目は学校生活改善システムの企画・提案を行いました。

まずはじめに、現在の学校状況においての不満点をあげそこからどの分野に企画を絞っていくか方向性を決めました。

今回企画となったのは学校のポータル改善です。日頃から使いにくい等の意見があったためこの案を採用することになりました。

案が決まったところでどこをどうすれば使いやすくなるのか、また+α 機能をつけたしすることで気軽に利用できるポータルを目指しました。

2日目からはデザインの制作に入りました。みんなとよりよいポータルを作るため意見を出しながら作っていきました。

発表の当日、午前はプレゼンに向けての練習をしました。発表の時間になるにつれてとても緊張しました。

↓発表の様子

IMG_1319

発表が終わり社員さん1人1人から質問を受けたのですが、やはりまだまだ慣れてないということでポータルのいろいろな部分を指摘されました。

ポータルに関する細かい質問から発表する際のプレゼン画面の構成まで幅広くツッコミを受けました。

IMG_1322

まだまだ不慣れなところがあったりしたのですが、社員さん方のツッコミやアドバイスは今後社会人として働いていく上でとても重要なことだと思いました。

インターンシップ2週間が終わりましたが、とてもあっという間な時間でした。

残りの2週間まだまだわからないこともありご迷惑おかけする場面もあると思いますが、よろしくおねがいします!

インターンシップを終えて

始めに、ジャスウィルの皆様には、2週間大変お世話になりました。
最初の1週間は開発、開発開発とこれまでの大学生活でもやったことが無いほどの長時間、プログラミングの作業を行いました。開発作業では大学生活の中では話には聞くけど、あまり実感のない見やすいプログラムを心がける事の重要性やコメント文の大切さの実感がわいてきました。

IMG_0915

後半の1週間では、まず始めに野球ポジション当てゲームをグループワークとして行いました。このときは、自分の持つ情報をどれだけ正確に分かりやすく伝えられるかが試される内容だったのが、制限時間の終わりが近づいたころに納得しました。情報の何をそぎ落として、どう文面を変更するのか。分かりやすく伝えようとすれば自然と情報量は減っていきますが、どこを減すと致命的な情報の欠落になるのか、それを見極めるセンスや集まった情報から答えを導き出す能力がとても大事なゲームであり、社会でもこのセンスは必須なのだと思い知りました。

IMG_0956< IMG_0961

閑話休題

後半の1週間の体験は、3種類のテーマから1つを選んでからの企画体験でした。私が選んだテーマは「より良い大学生活」だったのですが、皆さんの意見をよくよく聞いてみると、大学ごとに使われているシステムの利便性がぜんぜん違っていたのでグループの課題として成り立つのかな?などと内心思いながら進めていきましたが最終日には発表できる程度にはまとまっていったので良かったとは思いながらもやはり素人が作ると穴だらけだったようで、質疑応答の段階で想定をまったくできていなかった質問がいくつかあったので自分の想像が全く足りていないなと強く実感しました。今後は、今回の事を糧に自分の想像できる範囲を広げていこうと思えるインターンシップでした。

ジャスウィルの皆様、本当にありがとうございました。

二週間のインターンシップ

私は「株式会社ジャスウィル」さんのところで二週間のインターンシップを行いました。

一週間目は主に「VB.net」を使用したプログラミング体験を行いました。初めて使用するプログラミング言語でしたので、最初は戸惑いましたが、少しずつ理解していき、最終的に「じゃんけんゲーム」、「電卓」、「タイピングゲーム」を作成することができました。

プログラムを実際に作るとき、私は人に見せるプログラムを意識することが少なかったため、プログラムにコメントを書くことに慣れていませんでした。しかし、この体験を行って、慣れていくことができました。

また、自分の作ったプログラムで実際に作ったものが動いていることに感動しました。

IMG_0955

二週間目の最初は、「野球ポジション当てゲーム」、「自宅からバスまでの道のりを考えるゲーム」などを行いました。これは、それぞれの持っている情報をうまく皆と共有するゲームですが、このゲームを通して、伝えるということの難しさを学びました。

IMG_1129

その後、「企画・提案体験」として、世の中の課題をシステムで解決するアイデアを考えました。

私は、「大学生活をより良くするために」というお題に四人のグループで取り組み、最終日に発表を行いました。

発表後の質疑応答では、社員の方々から多くのご指摘をいただき、社会で通用するためにはもっと努力が必要だと痛感しました。

二週間を通して、多くの経験ができ、多くのことを学ぶことができました。

このインターンシップで学んだことを生かし、成長していきたいです。

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示