資格と実力

NO IMAGE

こんにちは、

ぼんじりさんのこの記事に触発され、CodeIQにチャレンジしました。

Bashでアルゴリズムに挑戦してみまして、結果は中級だったのですが、

頭が固くなっていたし、20分を想定した問題で40分くらいかかりました。

なんだか落ち込みます、ヤマです。

こんな落ち込んだ気分を、

昨日、『君の名は』が癒してくれました。。。(´∩`。)。 o ○(ありゃ泣けるわ、、、)

 

春からの勉強がやっと終わり、

認定証のようなものがもらえるそうです。(名刺にも書いてね~と言われました)

 

頑張ってやってきたのでうれしいのですが、

果たして、その実力は?と問われると、、、正直疑問です。

 

一緒に勉強をした方たちも、やはり同様に考えており、

学習した内容は膨大で、

しかも抽象的な内容で、マニュアルがあるわけでもなく、

自分なりのやり方を模索する必要がありそうです。

 

皆さんまた集まって勉強会やグループワークをやろう、という事になりました。

 

今回は認定証という形ですが、

資格も同様で、あくまでも一定の知識があると認められたというだけで、

実力そのものを表しているわけではありません。

ちなみに、名前も「マスタープラクティショナー」

ただのプラクティショナー(練習生?)のマスター(上位?)みたいな感じです。

 

ここからが、本当の勉強ですね。

 

CTA-IMAGE

インターンシップ2020募集中!

文理不問、全学年対象で体験できるインターンシップです。たくさんの学生さんと会えることを楽しみしています、是非ご参加ください。

1DAY:業界研究&プログラミング体験
IT業界研究セミナーとscratchを用いたプログラミング体験!

1WEEK:システム開発の流れを体験!
要件定義から設計、開発、テストまで、一連の業務を体験します。