デジタル遺産

ぐっじょぶです。

先日、ラジオを聴いていたところ非常に興味深い内容をやっていました。

『デジタル遺産』

あまり聞いたことがない言葉でした。

簡単な内容としては、個人のブログやFacebookなどで公開している文章や
写真などは本人が亡くなってしまった場合、どのような扱いになるかという内容でした。
まだアメリカでも法の整備が追いついていない状況でまだ各州の裁判所が独自で判断を行っているようです。
またデータを預かる側の会社でも対応はまちまちでした。
ここに目をつけて新規の商売を行っている会社も出てきているようです。

ラジオでやっていた内容は個人に限った話でしたが、会社にも充分当てはまるないようだと思います。
こういった事例に対するガイドラインの作成が待たれるところです。

【カテゴリ】Webサイト

こんにちは、Mizutaniです。

PostgreSQLで正規表現ができることをネットで調り、さっそくトライ!
したのですが、検索の仕方が悪かったのか、日本語交じりだとうまくいきませんでした。
なので、基礎的な正規表現の例を紹介します。

ちなみにバージョンは PostgreSQL 8.4です。


◆正規表現はPostgreSQLで用意されているものを用います。

SELECT * FROM table_a WHERE id ~ ‘[0-9]+’;

これを応用します。

◆半角英数字も問題なくチェックできます。

SELECT * FROM table_a WHERE id ~ ‘[0-9a-zA-Z]*’;

◆ただし、このままだと日本語が混じった文(abcあd)は判断できなかったので修正。

SELECT * FROM table_a WHERE id ~ ‘^[0-9a-zA-Z]*$’;

これで半角英数字のチェックはできると思います。
意外と簡単にできますね。

◆ちなみに、
~ (チルダ)は必ずパターンの先頭に書きます。
先頭以外に配置してしまうとリテラルとして解釈されるので注意。
あと は行の終わりを意味します。

以上です。

【カテゴリ】システム系データベース
【タグ】

こんばんは、kinokoです。

先日、東京の友人から、
『名古屋名物で有名でないものが食べたい』
というお願いをされました。

有名じゃなかったら名物じゃないだろw

と思うのですが、実際、名古屋名物ってどれくらいあるのでしょうか?

味噌煮込みうどん
えびふりゃー
ういろう
ひつまぶし
味噌かつ
あんかけスパゲティ
小倉トースト
きしめん
天むす
手羽先

などなど。。。

みんな有名だとおもうんですが、実際県外の人から見るとどうなんでしょうかね?

【カテゴリ】国内雑談料理の話

MLB偉大な記録更新ならず

こんにちは。くまぜみです。

 

名古屋はいい天気が続いています。

 

皆さんもご存知かと思いますが、イチロー選手の11年連続200本安打が

未達成となりました。10年連続200本で2,000本ですから、凄すぎますね。

 

もう一つ、MLBで今年達成されなかった偉大な記録があります。

セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルス選手の記録です。

デビュー以来、10年連続3割30本塁打100打点。

 

今年は骨折するアクシデントで、10試合以上欠場してました。

とても無理だと思われた記録でしたが、6試合を残して、

打率は3割を超え、98打点、本塁打38本と達成確実としてました。

 

もしかしたら、打率が危ないかなと思っていました。

しかしそこからまさかの急停車。

 

最終成績

2割9分9厘 99打点 38本塁打

 

最終戦で達成かと思いましたが、打率と打点が届かず。。。

でも、間違いなく現役最強のスラッガーですね。

 

イチロー選手もプホルス選手も来年巻き返す予感です。

【カテゴリ】野球
【タグ】
mogeraです。
今回は仕事を効率的に・スピーディに行う考え方をまとめてみます。
仕事はいろんなものがあるようにみえて、5つの基本パターンに分類できます。
・定番型
・オーダーメイド型
・解決型
・ひとり型
・グループ型
それぞれの特徴をつかんだ進め方を理解することで仕事のスピードアップを狙いましょう。
<定番型>
データ入力や報告書の作成など、いわゆるルーチンワークです。
定番型の仕事の時間が削減できれば、より他の仕事に力を注ぐことができます。
・手順を「標準化」する
 まずは早い人のやり方真似てみましょう。自己流と比べれば無駄だった作業が見えてくるはずです。
次は別の人の行っている工夫を取り入れていきます。
こうしたいいとこ取りで効率のよい手順を創り上げていくのが「標準化」です。
「標準化」してスピードアップできても油断は禁物です。
定番型の仕事の落とし穴として、「作業が目的化する」ことが往々にしてあります。
そういった場合は、「何のために・誰のために」を考えてみましょう。
実はもう必要のない「化石」となった作業が含まれているかもしれません。
改善の余地を探すことで更なるスピードアップを狙いましょう。
<オーダーメイド型>
 企画の立ち上げやシステムの設計など、先例のないものを創り上げていくのがオーダーメイド型です。
時間の見積もりが難しい、定番型の真逆にある仕事です。
・顧客の想い=ゴールをつかむ
 顧客の想いを形にするためには、まずその想い=ゴールをしっかりと理解することが大切です。
ここがずれていると、後から「こんなことは頼んでない!」とトラブルになってしまいます。
それによって手戻りすることが何よりのタイムロスです。正しいゴールに向かって進むことが、
一番のスピードアップになります。
 
<解決型>
 トラブル解決やクレーム対応が、この解決型に分類されます。
ある程度のパターン化ができる点で「定番型」に近い要素がありますが、
必ずしも解決すべき問題は同じではないので「オーダーメイド型」の要素も含んでいます。
・最悪と最善のラストをイメージする
 その問題を放置して起こる最悪のラストをイメージします。手遅れになった問題はどんな影響を出していますか。
また、その最悪のパターンでは周囲の人の反応はどうでしょうか。それを自分はどんな気持ちで受け止めているでしょうか。
こうやって最も避けたい未来を想像することで、これだけは絶対避けたい!と思えるはずです。
 次に最善のラストをイメージしてみます。対策はすべて上手くいって問題は解決、周囲の人からも
褒められる。この喜びを本当にしたいと思うことで問題解決のモチベーションが上がります。
ここで重要なのが、どのレベルの解決まで持っていくかを合わせて考えることです。
最善に近づければ良いのですが、そのための人・モノ・資金などのリソースが足りないこともあるでしょう。
今あるリソースで解決できる「今回目指すべきゴール」を決めることが大切です。
<ひとり型>
 仕事の初めから最後までを自分で管理できるものをこの一人型に分類します。
例えば、業務連絡の作成や発行は「定番ひとり型」、
小規模な調査を一人で行うのは「オーダーメイドひとり型」と当てはめます。
・一日・一週間・一ヶ月の広さで仕事を考える
 スケジュールは一日・一週間・一ヶ月の3つに分けて書きます。それぞれ意識を置く場所が違います。
 1日のスケジュールは「何を何時何分までにどうする」を書き出します。抜け・漏れがないように
定型的な報告なども書きだすとと良いでしょう。
 1週間のスケジュールは予定の優先順位をつけて書き出します。また、予定外の業務や移動時間など
も織り込み、その上で時間が足りるように配分することが重要です。
 1ヶ月のスケジュールは達成すべき項目と、緊急性をランク付けして書き出します。
また、発生しうる問題点とその対策を考えておくことでトラブルへの対応が早くなります。
<グループ型>
 多人数で連絡・連携して目標を達成するタイプの仕事で、一般にプロジェクト型と呼ばれるものです。
基本的には顧客のニーズに応える「オーダーメイド型」ですが、特に複数人で関わる事柄や多くの時間を必要とするものを「グループ型」として分離しました。
・一体感がスピードを生み出す
 複数人での作業はよくサッカーに例えられます。個人が優れていてもダメ、必要なタイミングで適切なパスを送ることで一気にゴールに近づくことができるのです。
 そういった一体感を生み出すにはチームがビジョンを共有することが第一です。「自分たちはなぜ集められたのか、何を目指しているのか」を各自が「実感」として持つことがポイントです。その目的に「納得して」「そうしたいと思う」ことでお題目から実感へと変化します。こういった実感を持った人が集まることで同じ目標を目指すチームとして機能し始めます。
 そしてこのチームの力をより引き出すのが、「進捗の共有」と「信頼感」です。
 進捗の共有を行うことで、チームとして前に進んでいることを実感し、「もうここまで来た」「あと少しだ頑張ろう」といった前向きな気持ちも共有できます。それにより各自が「安心」して自分の仕事に取り組めるのです。
 信頼感もこの「安心」を得るために重要です。逆に不信感の本質は「おそれ」や「不安」です。嫌われてるのではないか?認めてもらえないのではないか?といったネガティブな感情は放って置くとどんどん悪い方向へエスカレートしてしまいます。この悪循環を断ち切るには、さわやかな挨拶や笑顔が一番です。自分のことを受け入れてもらえている、と感じることでネガティブな感情は薄れていきます。
以上、簡単ですが各仕事の特徴とスピードアップのポイントを紹介しました。
これらを活用してより多くの仕事にチャレンジしていきたいですね。
【カテゴリ】役に立つ話

プロフィール

愛知県名古屋市にあるジャスウィルで働く社員です。

ジャスウィルは大学事業に特化したシステムを提案しています。『大学向け事務・教務統合パッケージ―TriR Campus』を開発しています。


Facebookページでは、イベントや普段の社員の様子を公開中♪
ぜひご覧ください☆

過去一年の月別記事 全て表示